スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の封印は弱い。

新弾楽しみですが、出るタイミング如何では即効でアリーナに突撃できぬ。
ぐぬぬ。

とりあえず、タイトルに返ります。
もともとグリモアがOSタイミングによる奇襲性によってその強さが担保されている節があるのですが、このカードにはそれがありません。
使用タイミングが「相手がOSを撃って来そうな時」と、主導権の一切が相手側にあるのです。
そのくせ、カウンターであるにも関わらず失敗するリスクが存在するという不可解なカード。

それに加えて、タッチするにしても1枚挿すのが限界に近くなった今でもなお「OS封じあるからこれくらいは大丈夫だよね」という感覚で運営はカードを作っています。
当時のOS持ちユニットはそれ自体がアイデンティティだったんでOSを封殺されることが痛かったのですが、今のユニットは数あるスキルのひとつレベルでOSを持っている上、1回でも通されると致命的なアドになりかねない段階までカードパワーが上がっているので1度返したからなんなの?状態。
そもそも、ユニットOS自体が回避されても出しなおしで再度撃てる上、いつ撃ってもゲーム上有利になる撃ち得状態だからカウンターそのものの効果も薄くなってきてますしね。

そんなわけで、鋼の封印は弱いと思ってます。
もちろん、グリモアを回収できるギミックを構えて連打できる状態にしてしまえばこれほどめんどくさいカードはないんですが。


バッティング専用カードの話はどうなったんだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。