スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由

書くことがない。
十中八九アレが原因ですが。
今月は環境の変動ないんで考察しようもなく。

というわけで、よそ様のネタを借りました。
マジごめんなさい。

せーさんの記事に載ってた
「採用理由を挙げられないカードは、どんどん抜いていってください」
の実践。

サンプルは以前の南蛮がちょうどよろしいのでこれで見ていきます。

エンデリーナ

この中で参考になるのはリーナとあらくれの2種。あとはグリモアが少々。
ひとつずつ見ていきます。


・リーナ3枚の理由
これは序盤で1枚使ったあと、再展開する段階で1枚だけでは心許ないため。
このファイルではシナジーも多く見込めるため、運用しやすさを優先して3枚積んでいます。
代表としては、
・ランクアップによるファイルの耐久底上げ
・ラーニStSの的
・エンデによるLP削り時の後列AGI1ユニット
などですね。


・あらくれ2枚の理由
召喚前提なので復活しないと途切れること必至。
なので、どこまで復活させる必要があるのかという問題が出てきます。
1枚だと仕事する前に沈む可能性があるので論外として、今回は2枚と3枚の選択で悩んで2枚に。
召喚事故で出損ねたときにファイルを圧迫すること、これがいなくてもファイルそのものは成立することで決定的に。
リーナのフル搭載もこのときの保険で、結果的に安定度を高めることに成功しています。
なので3枚目の枠はここで消費すべきではないと判断、後述のグリモアに譲りました。


・グリモア・OSユニットの選択
汎用性の高い竜族の息1枚はまず確定。
続いて影響上げ+即時展開の立ち上がる傭兵も必須。
HP-火力、レギナSS、白のDF上昇SSを回避しつつHP回復できる不死鳥も安牌。
メタ枠で今回は青とアリアンヌSS対策に精神の集中。大型対策が必要だと思えばキリー、墓地対策ならミミズクや杖っこなどいろいろと動かして大丈夫。

で、最後の1枚。
この枠はあらくれ3枚目と較べて、こちらのほうが優先度が高いとして作った枠です。
「復活させないと出し切れない3枚目のユニット」と「過剰かもしれない撃ちきり火力」の比重で後者が勝りました。
そう考えたのが、2枚目のグリモア火力の必要性。HP30以下のシステムユニットの攻略がキーになる環境でしたから、SS込みで3回落とすチャンスが必要と考えつつ、バッティングを見ると4枚態勢が理想でした。
このときはSSと相性のいい陰湿炎の採用になりました。



組んだときの思考パターンはだいたいこれで出し切れたはず。
書いてて思いましたが、採用理由を挙げられたカードは突っ込んだ、が正しい状態になった気がします。
実際、ファイルの雛形が出来てれば抜くカードなんてごく一部しかないと思うんですよね。
必要なつながりを作って、余分なものをそぎ落とす段階でこの理論が必要になるんでしょう、多分。


あと、これは独り言ですが。
あらくれ3枚の構築ももちろん可能です。そっちの強みも説明しろって言われたら多分できます。
ただ、僕にはそれは合わないな、と思ってやめました。
こういう「感覚」も、結構大事な理由じゃないでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。