スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオス楽しー


連日更新とかアホですね。

アルテイルで新しいEXパック出たのにそれがどうした、って勢いでカオスやってました。
一応さらっとは見たんですが、どれも微妙な感じがして…。
赤の弓兵はAL1ではアホほど強いのだけは覚えてます。レベル4でHP100オーバー、3回攻撃ASにランクアップAT+40、SP消費なしのLP2削り…。
もはやAL1を切り捨てるつもりじゃないかと疑いたくなるスペックでした、まる

まぁEXはもうちょっとアリーナの動向を見てからなんか書こうかと。
今日もまたカオスに関してちょちょいと書きつづり。



やっててひとつ思ったんですが、「みんなむやみにパートナーで殴りすぎではないですか?」

このゲームのドローってすっごい重いんですが、TCGやる上ですっごい重要な要素なんですよ。なので本来、ドローの扱いは繊細とまではいかずとも、せめて丁寧にやったほうがいいんです。
なのにみんな殴る殴る。初手から全力疾走。終わり際に息を切らしても仕方ないですよそりゃ。

実際、キャラの性能で負けている場合はチャンプブロックで時間稼ぐのも有効だったりします。出来るだけ相手にドローさせることでパートナーが手札に入る可能性を上げ、最後の一撃をより確実に通す、などなど。守りだって立派な戦法です。

数手先に何が起こるか、までは予想できずとも、自分の場と相手の場を見て、次の相手のターンくらいまでは予想して動くべきです。最善とはいかなくても、最悪の状況は常に回避しましょう。



あと先を見越す、ということにも関連しますが、時間切れについて。

昨日と今日で2戦ほど、相手の時間切れによる負けがありました。まあ僕のデッキが待つデッキで、攻めに時間をかなりとられていたのが理由ですが、間にちょいちょい入る思考時間はわりともったいないと思いました。というか、こういう負け方は非常にもったいないです。(←そういう負け方をさせるデッキを使っておいて何様だ)

相手のターンとか、やることがないタイミングのうちに次に何をやるかくらいは決めておいて損はないかと。ぱぱっとやることを決めておけば相手の思考時間を奪えますし、もしかしたらミスしてくれるかもしれませんしね。

まぁ常に思考をめぐらせておきましょう、って程度の話です。
自分のデッキは何が出来るか出来ないかを把握しておけば自然と減らせる事態ですから。



んー、なぜに戦術論なぞ書いている自分。まぁいいや。
今のマンパワー万歳なAL2だと、こういうこと書いても(笑)にしかなりませんからね。なんか酷い言い草ですが、割と事実なのが残念。

カオスはAL2と平行でやっていくつもりだったけど、完全移住も考えようかなぁ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。