スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーナ南蛮、もしくはエンデリーナ

結局ライセンシー試験終わるまで晒せなかったチキンですこんばんは。
というわけで晒し。


エンデリーナ

前もちょろっと言いましたがリーナ増えましたね。あとミルッカとか。


このファイル、SSとユニットの調整で動き方が別物に近くなってしまったんでちょいとがっつり目に解説。

動かし方:
基本は変わりません。
リーナ→立ち上がる傭兵→ナンナを基本とします。
相手が赤だった場合はエンデ優先で。
待ってくる相手ならばラーニと合わせてトリガーを崩します。
立ち回りのミソとしては、序盤にリーナを長く場にとどめないこと。
相手に警戒させるのが役目なので、lv2のトリガーと考えてさくさく切って構いません。


以下個別のカードについての解説。
ここはあまり長いと読みにくいのでさっくりといこうと思ったのに長くなってた。

リーナ:
このファイルの主役その1。
とはいうものの、序盤に相手の召喚に切り替えして出鼻を挫くのが役割です。
無理に復活せずlv2トリガーとして運用していきます。

エンデ:
このファイルの主役その2。
StS火力にLP削りに壁と大忙し。

亀:
このファイルのメインパンチャー。
がっつり削りる一撃の重さと、ダブルアタックによる貫通+複数攻撃の器用さを併せ持つナイスガイ。
DF10ついてるので耐久高め、リーナの支援でさらに硬く。

あらくれ海賊:
亀の補佐役。こいつがいてこそ亀は光ります。
一応地気と妖精が生き残っていた場合も支援するものの、そいつらはラーニがいないと役立たず。

ラーニ:
火力増強の後衛及び待ち相手の崩し。
出たときの火力の高さは折り紙つきだけど、なくてもそこそこ戦えるので場に出す優先度を高くしなくてもいいのがこのファイルの強み。

リンダ:
前回からの変更点その1。
南蛮のAGI強化がファイル全体の底上げになるため採用。
ギルメンの鐘音さんの入れ知恵です。
魔法剣士が抜けた理由はSSの項で。

グリモア:
変化なし。相変わらず入っている精神の集中はメタ枠なので好きなカードにしてください。
火力3枚目が安定するでしょう。
不死鳥もなくてもいいですが、レギナやユリアーネ、対白で役に立つのであると便利だと思います。

SS:
変更点その2。
レギナSSをユリアーネSSに。
場を固める仕上げに使うレギナSSよりも、相手の場に触れてエンデやラーニの火力で調整しやすいユリアーネSSのほうが方向性がマッチ。
相手の動きを止めて展開を間に合わせることもあるなど、こちらのほうが器用に動かせます。
魔法剣士もレギナSSを受けられれば映えますが、より前のめりに攻めるタイプになったので召喚対象の安定を兼ねてリストラされました。
この変更も鐘音さんのアイデア。

傾向:
環境に多かった馬車ラーニやSPロックには高い耐性を誇るものの、それ以外のファイルに若干弱いのが欠点。
特に青絡みが曲者で、黒青は比較的得意ながらペンギンに繋ぐ青大型には弱かったり、赤青がグリモア乱射でリーナを意地でも止めてくるとグラフヴェルズの竜回収を許して詰め切れなくなり、たまにいる白青には展開が間に合わずレギナSSまでつなげられるとそこで止まります。
白単に対しては超高DFにならない限りはラーニ+亀ASでの強行突破も可能ですが、極端にLPが高い相手ではうまく作用できないこともありました。



19日現在での勝率は200戦程度で80%を超えていますが、これは環境に対して相性がよかったイメージ。
2月初頭のイベント時の環境のメインが赤と黒であり、それらに追いやられた白や青へのメタを切れたのが大きかったんじゃないかと。
環境的な比率を見て、勝てない色へのアプローチを諦めて勝てる相手に特化するのもメタのひとつだと思います。
今回はそれがかっちり嵌ったんでしょうね。
やりすぎなくらいやってそれを実感しました。

もともとリーナを使いたくて組んだこのファイルは、一度限りですがRP2000、21連勝という記録もたたき出してくれました。
以前までの南蛮とはまったく違ったタイプになりましたが、種族統一ファイルとしてはなかなかの完成度になったと思います。



ただまあ、来週は時期的に新EXが出るので環境が変わることが予想されます。
今度潰されるのは一体なんでしょうねー。
青に騎士団ネームドこいこいこいこい
スポンサーサイト

試作南蛮

100戦は諦めるつもりだったけど、思いのほか戦ってたのでこのまま行くかもしれません。
休憩がてら前に言ってた南蛮ファイルの晒し。
今使ってるのはこの形からだいぶ変形してますが、記録として前のスタイルを先に置いておきます。


リーナラーニ


最初の発想は「リーナ使ってみたい」から始まったこのファイル。
初手リーナから始める手で組んだらば、強引に潰せば事故り、OS召喚をためらえば押し切られ、スルーしたら貴重な序盤のSS1枚持ってかれ、と最高にいやらしい手になりました。
ラーニがいなくてもそこそこの火力と耐久を持ってるビートファイルの気質もなかなか感触がいいです。ミラーになっても他に選択肢が持てるのは強いとも言われました。
グリモア枠は僕の好みですが、永続アクション終了なんかが飛んでくることもある今なら精神の集中は強いと思います。あとは陰湿を抜いて大雷を挿すかくらいですが、ラーニやユディデイカーみたく範囲を取りたいので僕は小回りの効くこっち。集中なんかいらねえよ、って人はその枠に入れて両立も十分にあり。
最近はラーニのおかげか火力の需要が高く、頻繁にバッティングしまくるのが難点。


とはいえ、先日の通り主にユニットとSSで調整箇所がありまして、今はそのへんを弄ったファイルをギルドの人と一緒に調整中。
NG終了まではぶん回してるでしょうから、そっちの公開はイベント終了後にでも。
あっちのほうがファイルに遊びが出てもっと回しにくいのが難点ですが……。


対戦やら観戦やらしてて思ったんですが、最近リーナ南蛮増えてませんか。

何度目かの騎士団

書くことなかったのでファイル晒して埋めてみる。
この形になるまで結構長いこと使ったので今回は戦績も。


騎士団04

一時期は勝率8割いってたけど、イベントで増えたクミホに滅多打ちにされてこの程度に。
あの環境で75%超えてたので上等だとは思います。

以下解説。

・恵みの雨の魔女x1
火力サポートだけど、現状は一番邪魔なカード。
召喚SSで出てくるといらっとするけど、こいつがいないとレギナSS付加後のユニットを突破できないのでお守り程度に。
でもやっぱり抜いていいと思います。

・システィーナ
 相手のシスティーナに全滅させられる
→じゃあ先に出してしまえばいいじゃない
という残念理論。
単純に強いですし、前衛も足りてなかったので必要だったとはいえ……あんまり好きじゃないなあ。
こいつ単独でゲームしてると騎士団の意義を疑ってしまう。

・アスベル
騎士団(というか青の小型~中型)使ってる人で入れてない人はぜひお試しあれ。
青マキシに対して非常に強力なメタカード。
一度見せればタイミングをすかして鋼を無駄撃ちさせられたりと暴れられます。
ピンで活躍するのも枠を取らないので便利。

・精神の集中
アスベルSS対策。
基本黒青・青マキシメタで白青相手に運よく残れば使う程度。
これも基本お守りだけどたまに使うチャンスがあるから侮れません。


クミホが天敵、次点で白青や白黒。それ以外はだいたい戦えます。
前環境でのラーニには少し有利、今だとアルキスSSさえ止められれば同じ位の土俵にはもっていけるはず。
今の白相手だと魔女出さないと押し負けると思いますが。


今回の青EXが騎士団だったらなーとか思いますが、それやるとさすがに狂暴すぎますよねー。

どうしてこうなった

現在使ってる騎士団ファイル公開。
ぱっと見綺麗。少しでも冷静に見ると脳筋。
そんな感じ。


続きを読む »

騎士団

ネタがなくなったので使用ファイル晒し。

騎士団2

物量作戦ファイルのだいたい完成形。
構成は普通に騎士団詰め込んだだけ。SSにいたってはテンプレ乙としか言いようがない。
SS2枚目で2枚目魔女が出ても泣かないことが大事。

召喚SSは前に書いたとおり自分の場の完成に+1するカードなので、揃うほどに強くなる、というこの手のファイルが使うとぐっと強くなります。
赤黒のような痒いところに手が届く構築ももちろん強いのですけどね。

展開方法は魔法騎士二枚→ナイア出るまで待ち。
魔法騎士のおかげで自分から待ちを崩しに入れるのもいいところ。これを見せてゆっくり待つとアウレーリエかと疑ってくるのか焦って殴ってきたり。バッティングしたらほぼアウレーリア確定なので2枚目を突如出現にしてさらにバッティングを狙います。
ナイアがオープンしたら自殺して、次のターンに突如出現で3枚目を場に。
あとは場を整えて殴りましょう。
アウレには鋼をあわせてもいいですが、あわせなくてもだいたい殴り倒せます。

そろっと2枚入ってるルピナスはもともと同名召喚の枠。機能しなかったのでOSで活躍できそうなカードを刺してみたんですが、出番が来る前にだいたい終わってしまうので実質的にフリースペース。
この枠にデスブリンガーで、呪縛をペガサスにしようか悩んでたんですが、SS1枚目でうっかりペガサスが出たら洒落にならないのでパス。


それにしても、騎士団ファイル使ってる人がほとんどいないのはなぜなんだろう。
いいじゃん、☆1~2のユニットがわんさか入ってても・・・。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。