スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新EX品評会

ちょろっと覗いてみた。
黒炎さんネームド化っすか!
あの鬱蒼とした眼とかたまらんですよ!使えるかどうかは別として!
本来なら飛行兵のネームドに喜べよって話ですが、ごめんなさい黒炎さん好きなんですよ。

で、今回はだいたい王国組で揃えてるみたい。
太陽王国はもうガチガチやねー。OS呪縛のトリガーとは何を考えているやら。
月公国はディーナ併用でも盛り返せるか怪しいナァ…。漆黒剣士もネームドが強くなった今活躍できるかどうか。剛毅?知るか
赤と青はlv4が使いでありそうだけど、やっぱこいつらも重いよねぇ。

うん。
ここまではよかったのよ。
たださ、各色のlv1集団なにさ。
AL2で光の精霊出さないんじゃなかったのか運営さんや。
つかね。


メリィ修正すりゃいいんだよ!
きっとEXよりこっちの要望のほうが多い。
あと白黒のlv1さん、モンスターになってるよ。
スポンサーサイト

アルテイルツアーレポ その3

続きー。


GMバトルで負けたBF団三人衆が下のフロアより帰還。
いつ話しかけたらいいかなーとずっとうにゃうにゃ考えてました。

で。
結局3人が着席したころにそろっと巨さんのところへ移動し、びくびくしながら声かけました。人見知りですねん・・・。
まあ杞憂でしたが。

ちょいちょい会話に混じりつつ、実は陣取った席の横にいた人が某えろにゃんさんだったりに驚いたり、そんなことしてる間にも大会は進行。
☆1vs☆5EXが当たって開始3ターンくらいで、
GM霞ヶ関「もうここは決着着きましたねー」
立源寺社長「え、それでいいの?」
GM霞ヶ関「そんなもんです。」
細部は忘れましたがこんな会話もありました。どこまでぶっちゃける気ですかあなたたち。

高レアファイルは白赤、フレジア、アグスティンの3種。明らかにあてつけじゃねーか!ってのは言っちゃだめですよね。ネタに走りたくても大会という形式上できませんし。
ちなみにBF団三人衆は大会申請しそびれて参加できなかったとのこと。仕込んでたネタも使えなかったらしく残念至極。


GMバトルは。。。何戦目かわかりませんがラス2。また傭兵レインボーが火を吹くかと思いきや、白ミク入りのかみけ軍団がAGI-97したりDFマッチョになったりしてプレイヤーチーム勝利。
社長がミク修正だな、とかつぶやいていました。職権乱用だー!
ラストバトルでは何を思ったか代行者を選択し、そこにレインボーを突っ込む社長。
最後のチームもガチかみけファイル。しかして代行者が出てきて動きが若干テンパり気味。そして久方過ぎて社長も前列の人にどうしようとか聞いてる不思議空間。
そしてこの対戦中にチーム決勝戦も終わって、時間も押してるからとそのままインタビュー開始。それでもGM戦が終わらなくてGM霞ヶ関が「今やればいいんですよ!」と中止の予定だったお楽しみクイズ開始。
もうなんでもありなんですね。
そしてクイズの内容も「新幹線の中で何を飲んだでしょう?」「ビール!」「正解!」
ともはや早押しに。

ちなみに、GM戦では中盤ぐらいにいろいろ入れ替わりつつ社長の場に4枚並んで代行者揃ったかと思いきや一体違うの混じってる。「俺が代行者だ!」とやたらと目立つレインボー。いや貴方社長ですから。
信仰心でDFがっちがちに固まった相手の場に対しチャットで愚痴ると「信仰心が強ければ救われるのです」と返ってきて「うるせえよ(笑)」など、普通に見てて面白い対戦ではありました。
それとあふれ出すワカメ。

そんなこんなでほぼ全工程を力任せに終えて、全員揃ったところでチーム戦の表彰式と修正の先行情報ムービー。
マーガレッタに「お前らが私の秘密を知ろうなんて100年早い!」に叱られて、スタッフの挨拶で閉幕。
皆がわらわらとしゃべる後ろで黙々と片付けるGMたち。社長すらテーブル畳んでました。スタッフ5人いなかったみたい?
そんな光景を眺めつつ、会場をうろちょろしてマフラー頭に巻いたミイラと水着美女の3ショットを撮って、お家の事情で泣く泣く食事を辞退して帰宅。
時間をあまり自由に使えない学生の侘しさをかみ締めつつ帰りの電車はテンションでごまかしてた眠気に襲われて意識断絶。
ここで寝過ごしたらネタに出来たのに!出来たのに!


惜しむらくは会場の到着が遅れたこと。おかげで交流のタイミングも時間も逃してしまった(´・ω・`)
何やってんだと・・・。
次こそは。。。目的地間違えない!(そこか


以上、アルテイルツアーレポでしたとさ。

アルテイルツアーレポ その2

ようやく到着してエレベーターに乗り込む。
ネカフェが5階って書いてあったので5階で降りると「6階でやってるよ!」
…イラッ。

改めて6階へ。一階まるまるのフロアなのに左半分に椅子がずらっ。そこにお客さんみっしり。
さらに奥はプロジェクターのために照明がついてない。
あっれここでいいのかなー?と思ったら、スタッフさんが声かけてくれたので一安心。
その人が新人GMとっしーさんであることには気づきませんでした。

どこが空いてるのかわからず、とりあえず最後列で立ち見。
司会は霞が関さん。その横で座る坊主頭でTシャツの立源寺社長。喋ってる姿だけ見るとラフなおっちゃんでした。
到着したころはチーム戦の最中。チーム名が見えなくて前の方で空いていた席に着席したりうろうろしたり。
観戦やGM戦しつつ、雑談。

GM戦の三つ頭の竜がテスト用で超強い君状態だったとか(その補填でポイント配ったり)、欲しい☆5を1枚出すのにだいたい2万とか社長が言っちゃったりとか、GM挨拶しようよとか、GM立源寺カードのあの絵柄はウェットスーツで、一番最初に顔出ししたときにアレ着てたからだとか。その着替時にオニギリのおいなり見た人がいたとか
一番笑ったのがLHのボイスの正体。
あれ、オニギリさんだそうです。マイクに向かってぼそぼそ収録してて、横通ったら「社長、しずかにしてください」。何してんですか。

適当進行をぶっちゃけ話でごまかしつつ、GM戦2組目のアナウンス。
「なんと関東からお越しのスワローさん!」
…なんと!?
がたがたと動き出す後ろの3人、そのうち二人の髪型に見覚え。
声掛けようと思ったけど進行の邪魔しちゃいけないので我慢。5階のネカフェエリアに降りて対戦準備。

そして始まるスワさんvs立源寺社長。
スワロー「俺のオエステが火を吹くぜ」
1手目赤ミクさんでファイルの20枚以上がゴウエンだとばれる。
ギクッて。
立源寺「俺のアルィンドが火を吹くぜ」
しかしファイルの中にはおらず、最後のSSがアルィンド。
霞が関「これ火を吹いたら負けなんじゃないですかねー」との突っ込みやスワローさんの「下ネタ(」発言などでひとしきり笑う。
スワローさんは赤ドッカン、社長は赤傭兵。
どっかんやりあってたら、社長のSSが自爆して一時場がからっぽに。先にスワさんが1枚着地させて有利かと思われたその時、舞い降りた1枚のカード、レインボー立源寺。
霞が関「これ社長からリクエストで最強カード作ってくれって言われまして」
AGI99と書いてある時点で中身はお察しください。
その後レインボーが張り切りまくり、スワローさんのアルィンドが火を吹いたものの届かず社長の勝利。

そして3人帰還といったところで、続く。

アルテイルツアーレポ その1

前日に行き方確認。メモ取って準備よし。
ということで就寝。
しかし、実はここで致命的な間違いを犯していたことに気付いてはいなかった。


そして当日。
だいたい1時間もあれば着くので10時過ぎに出れば大丈夫…、
と思っていたら起きたのが10時ジャスト。うわぉ。

大慌てで準備し、出たのが10時半。
電車乗り継いで、目的地に着いたのが12時ぎりぎり。
あぶねー、とほっとするのもつかの間。
あれ、看板がない……。

お店の名前はあってる。あってるはずだけど…。
カウンターで尋ねてみると、
「ああ、それ戎橋のほうですね」

(゜ Д ゜)
↑マジでこんな顔になりました。
そう、前日に調べた場所は天満店。会場である戎橋店とはおよそ見当違いな方向に向かっておりました。
しかも本来なら電車一本で着いてます。2回の乗り換えも地下鉄代190円も余計。
アホである。

大慌てで引き返し電車に飛び乗り、ばたばたと難波駅へ。雨でぼとぼとになりながら走り、ようやく地図の筋にたどり着く。
そしてここでまたやらかしました。
以前友達と遊びにいった場所だったので一安心したのですが、そのころの記憶をいくら引っ張り出してもNEWNEWなんて看板は一切思い出せません。
あれ、もっと奥か?とひたすら進むも一向に見えず、明らかに大きな道と交差するところまで出てようやく気付く。
…行き過ぎた!
ここまで10分ほど直進。

もう一度言おう。
アホである。


来た道を逆戻り。目印のグリコのあたりまで来たところで再度転身。
しかしまたも見つからず。
筋間違えたか?と思い、横道に入ってほかの筋へ行くもやっぱり見つからず。
もう心が折れかかってました。
仕方ない、と再度スタート地点に戻ろうと来た道と違う横道に入ると、扉。
ふと横を見ると見慣れた魔法少女の絵が貼ってある看板が。
見上げた先にはNEWNEWの文字。

ここか!
わかりにくっ!




到着時刻13:30。
色々と手遅れ感満載でした。

続く。

そんなもんです。

行って来ましたオフラインイベント。
レポートはあとでまとめますがざっと40人はいたんじゃないかと。
数年前に大阪でオフラインイベントやったとき10人いなかったとか聞いたんだけどなぁ・・・。

ちなみに。
タイトルは大会中にGM霞ヶ関が序盤数ターンで勝敗が見えたときに放った一言です。
ぶっぱなしすぎです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。