スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイギナEXSS

今日久々にアリーナ行ってこれに2回負けました。

うん、まあ、ねえ?
「効果:相手を全滅させる」って書いてる雑なカードに見えてるので僕はまず使いません。
だからって実際にあるカード使って何が悪いって話でもあるので、まあどうしようかなと。

カード単品の対策ならまだしも、直接触りにくい領域であるSSでこういうカードがあるとなんかもやっとします。
出た当初はコスト重たいし小型にリカバリーされるからまあ使わんだろうと思ってたんですが、今なら中型ブン投げて返ってきたSPを吐く先としては最適っちゃ最適なんですよね。くやしいことに。


昔のレギナSSみたい。
スポンサーサイト

11弾品評会

このタグあんまり使いたくなかったけどあるしなあ、ってことで。
今回の新カードはさすがに酷いと思う。

ゲームシステムを否定するOS。
相手の行動をメリットに変換してしまうAuS。
これまでのスキルをあざ笑うかのような召喚、ファイルアウト、パンプ+SP減少CoS。
置くだけでゲームの勝敗条件であるLPを削っていくES。
永久停止を強いる大型。
停止能力を軽く見すぎているグリモア。
どこかで見たことのある白黒。
オート返却の強さを未だに理解していない白青。
脱光の価値を無に帰すレベルの混色用ブースター。

今回のはスキルひとつひとつのネジが飛んでます。
コンセプトは単色大型+混色小型あたりだと思うんですが、それならそれでもっとやりようがあったはず。
実際星3以下のカードは結構使ってみたくなるものが多いけっこうあるんですが、それを台無しにするレベルのカードがわんさかです。


勝って当たり前とまでは言いませんが、それに近いレベルでゲームシステムをぶち壊しにかかるカードたち。
そんなもの使って勝ったって楽しくはないのです。
もうちょっと「勝負するカード」を作ってください。

アクション停止SS

相手だけアクション停止って挙動が環境をおかしくしてる一因。

1.LP2~3なのでライフに余裕がある。
2.↑の条件から、イクサーしようとすればSPを2以上もっていかれる。
3.イクサーされてもSS発動後はそれ以降はLPが削られない。
4.自分から発動した場合、相手を1ターン無防備にできる。
5.回避手段がない。

ローリスクハイリターンという言葉を体現する攻防一体のSSだよね、これって。


現状問題になるSSの筆頭としては、アスート+ラスアムSSとレダSS。

アスート+ラスアムSSってのは「回避手段を使わないと全滅するよ?」って選択を相手に突きつけて、なおかつ回避してもアクション停止させる最低なやりとりを要求するカード。

レダSSは輝晶石が強い最大の理由だと思ってる。
これさえなければユニットスペックは普通なんだからそこそこ戦えるはずなんだけど、どうしてか石4つという破格の条件で相手を2ターン停止できる。
この2ターン目は↑の3.と4.を「イクサーされても次のターン相手は無防備」「自分から切ったら2ターン相手を無防備」と書き換えてくる。
諜報員SSもこの2ターン目が危なっかしいから修正されたもんだと思ってたんだが、運営的には違うらしい。


んで、もっときついのはこれが前提で環境を作ろうとしていること。
こういう回避できないカードがいたら、それを飛び越えるようなカード出すしかない。
そういう需要で生まれたのがメリアーヌのSS回避テキストなんだとしたら、方向性間違ってるよね、絶対。

基準値

※5/7一部修正

AL2から入った人はもう知らない気がする。
かといって僕もそこまで知っているわけでもないのだけど。

基準値というのは、ユニットのステータスを総合指標として見るための数値で、下の式で表される。

HP+AT+(DF×2)+(AGI×10)+(RNG×10)

lv3ユニットの標準前衛のスペックは、
HP:50
AT:30
DF: 0
AGI: 3
RNG: 1
なので、基準値は(途中式は面倒なので省く)120となる。
また、
・基準値はlvごとでだいたい定まっていて、
・かつlv1でだいたい20~30という差が出る
でよかったと思う。

で。
この数値を信じるとすると、「AGIとRNGを固定値とした場合、ユニットはlv2以上の差が出ると一回の攻撃でクローズする」くらいの性能差が出る、っていう仮説が出せる。
逆に言うと、2レベル以上の性能を持っていれば同じレベルのユニットにも一方を取れることになる。

これを頭に入れた上で環境を見回してみると、

・一番わかりやすい例としてはデスラスタ。こいつのもともとの値は190で、lv4の基準値である140よりも二周り以上の性能を持っている。
・イシュタルが施す強化幅はlv2相当、不死鳥の雛は常時lv3スペックで朝には友軍のユニットのlvを1相当上昇させる。
・バンデールは最大値が260という化物。スタートの時点で160でlv5相当。混色という部分に目をつぶっても余りある性能。
・最近出たカードの中だとカファールEX。強烈なデメリットを背景にlv4以上の150。黒の妖精も変化前は130でlv4ニアミス。
・ちょっと見方を変えて、トリフェEXも。仮に輝晶石が3あったとして、この時点で130。ASを使える状態ならばその数値も合算で計160となる。また、ASを使用するたびにこの数値は20ずつ上昇する。
・修正されてしまったカードだけど、一撃必殺の武術家SS。HPを除く数値上昇量は70、lv3以上の上昇値を場にいるユニット全てに与えていた。

てな具合になる。

ふむ。
環境を見る指標として役に立つかは置いておいて、結構面白いデータではあるかもしれない。
僕は気力ないんでやらないけれど、このデータをきちんとまとめて分析できたらそこそこ説得力のあるもんが出来るんじゃなかろうか。







ここからは個人的なメモなので、流し見程度でどうぞ。

続きを読む »

インフレの波

ちょっとこれは書いておかないといけないと思った。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。